ぎっくり腰と関係するわかりやすい筋肉「大臀筋」

ぎっくり腰と関係するわかりやすい筋肉「大臀筋」

「大臀筋」というと少しわかりにくいかもしれませんが、簡単に言うと、おしりについている筋肉になります。男性であれば発達している人も多く、性別問わず、運動を良くしている人は、筋肉を意識することは簡単にできます。部分的に触って感じることができる人もいるでしょう。大きな筋肉となります。この筋肉は、非常に大きな役割を果たしてくれます。足を後ろに持ち上げるときや、足を外に広げる時に主に活躍してくれます。その他の動きの時でも、補助筋として働いていることもあり、この筋肉がなくなってしまうと、足の動きが全体的に鈍くなってしまうこともあり、瞬発的に動くことが難しくなります。またダイエットなどを経験したことがある人であれば、知っている人も多いと思いますが、おしりを引き締める効果もあります。おしりがたるんでいる原因としては、脂肪によるものもありますが、大臀筋がしっかりと機能していないことの方が大きな影響を持っていると言えるでしょう。