ぎっくり腰に関わる筋肉

ぎっくり腰に関わる筋肉

ぎっくり腰に関わる筋肉は、脊柱管狭窄症にも大きく関わっている筋肉があります。その筋肉は大腰筋と、腹直筋、外、内腹斜筋となります。そのためこれらの筋肉に関心を持っておけば、脊柱管狭窄症の症状を抑えることもできれば、ぎっくり腰の予防につながることもあります。ぎっくり腰の場合これらに加えて、腸骨筋。大臀筋、中臀筋、小臀筋、大腿四頭筋も大きく影響してきます。これらの筋肉は日常生活の中で意識できる筋肉が多く、ある程度の刺激のある生活を送っていれば、極度に衰えることはあまりありません。大抵の人が一定のレベルで筋力が維持されていることでしょう。ぎっくり腰の場合、これらの筋肉が機能的に働かないことによっても引きこされることがあります。また機能的に働かない筋肉を補うようにして他の筋肉が働くことによって、無理が生じ、痛みが出てきてしまうこともあります。筋肉について知っておくことは大切と言えるでしょう。痛みがある時に、どの筋肉を過度に利用しているかがわかれば、特定の筋肉を過剰に使用しない方法を考えることもできます。