ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因

脊柱管狭窄症は、その症状がでる原因がしっかりとわかり、対策を打つことが可能です。しかし同じ腰痛が症状となるぎっくり腰の場合、原因がいまいち良くわからないことが多かったのです。しかし最近になり、ぎっくり腰のメカニズムも次第に解明されてきました。簡単に言うと、腰の捻挫、腰椎の捻挫という扱いを受けてくるようになったのです。捻挫というと足首などでよく見られる症状です。しかし間接である以上、捻挫を起こす可能性はあり、場所によってその症状に大きな差があります。腰の捻挫の場合、ぎっくり腰と呼ばれ、大きな痛みを伴う苦しい症状を呈するようになるのです。ただ、このようなことがわかっていても、防ぎ方が良くわからなかったり、実は詳しい共通する症状などが判明していないことになります。誰でもなりえる可能性をもちながら、一生体験しないで済む人もいる症状と言えるでしょう。腰は負担がかかりやすい部分なので、自分は大丈夫だと過信しすぎるのは危険と言えるでしょう。