脊柱管狭窄症の治療・・・保存療法

脊柱管狭窄症の治療・・・保存療法

脊柱管狭窄症では、「神経根が圧迫されるタイプ」などで症状の軽い場合は、まず薬物療法、装具療法、神経ブロック療法などの保存療法で治療が行われます。

痛みがある場合は「安静」を第一に、神経を圧迫するような動作や姿勢をしない事が大切です。
具体的には、背中を反らせる姿勢を避け、歩く際には前かがみの姿勢を心がけましょう。

・薬で痛みやしびれを軽減させる薬物療法は、痛みには非ステロイド性消炎鎮痛薬が、しびれには「ビタミンB12製剤」が使われます。
歩行障害がある場合には、血管を広げるなど神経血流改善作用のある「プロスタグランジン製剤」が使われ血流の改善を図ります。

・装具療法とはコルセットなどで腰を固定する事です。
腰を伸ばすと痛みが出るため、腰を少し曲げた状態で固定する「屈曲コルセット」が用いられ、神経への刺激が軽減されます。

・血行の改善を促すために、ホットパック(蓄熱財)を使った温熱療法、超音波療法、腰椎の牽引などの理学療法も用いられます。

・痛みの伝達をブロックし、血流改善、炎症を鎮める目的で、「局所麻酔薬」を注射することを神経ブロック療法といいます。
 「硬膜外ブロック」と「神経根ブロック」の2つの方法があり
硬膜外ブロックで効果の無い人には、神経根に直接注射する神経根ブロックが行われます。