腰部脊柱管狭窄症の診断

腰部脊柱管狭窄症の診断

腰痛や、下肢のしびれ、坐骨神経痛の様な痛み、間歇性跛行などが典型的な症状で、まずそのような症状によって腰部脊柱管狭窄症の可能性を判断されます。

さらにX線写真、CT、MRIなどでの画像による診断で確実に判断され、狭窄している部位の特定などが可能となってきます。

通常は先ずX線検査(レントゲン)検査を行い、もっと詳細に情報が必要な場合や、X線検査ではわからない骨以外の状態を見るために、CT検査やMRI検査が行われます。

MRI検査によっては椎間板の状態、神経の圧迫がわかると同時に、腫瘍や細菌感染などの有無もはっきりわかります。

X線検査では造影剤を使用することもありますので、アレルギー疾患を持つ人は事前に医師に申し出ておく必要があります。

しかし、狭窄が起こっているからといっても、必ずしも症状が出るわけでありませんし、腰部脊柱管狭窄症の特徴点である間欠跛行は、閉塞性動脈硬化症にもみられる症状なので、他の病気の可能性があるかどうかも併せて判断されます。