脊柱管狭窄症の訓練で意識すると良い筋肉「腹直筋」

脊柱管狭窄症の訓練で意識すると良い筋肉「腹直筋」

筋力トレーニングをしている人であっても、ダイエットをしている人であってもよく知ることになる筋肉に「腹直筋」があります。これは一般的な意味での腹筋と言えるでしょう。しっかりと毎日鍛えている人もいると思います。この筋肉は脊柱管狭窄症にも非常に影響を与える筋肉で、リハビリの一環として取り入れられることもよくあります。この腹直筋は腹部を覆うようにして存在している筋肉で、普段から意識することは比較的簡単です。しっかり鍛えれば、その筋肉の様子も見ることができます。この筋肉は内臓を守る大きな役目を持っているほか、内臓の動きを助けたり、呼吸にも大きく影響してきます、重要な筋肉と言えるでしょう。当然姿勢にも影響してくるので、腰痛の予防運動の一動作としても重要です。この腹直筋は、一般的な腹筋運動でなくても十分刺激を与えることができるので、常に意識することで、効果的に鍛えることができます。時折、何か動作をしている時に、おなかを触ってみると、しっかり腹直筋が働いていることが感じられると思います。