腰部脊柱管狭窄症の治療-神経ブロック療法

腰部脊柱管狭窄症の治療-神経ブロック療法

腰部脊柱管狭窄症の治療法の一つである神経ブロック療法とは、痛みのある神経やその周囲にうすい局所麻酔剤やステロイド薬を注入して脳へ伝わる痛みの信号を遮断し、血流を良くし炎症を抑える治療法です。
ただし、1回で効くことはあまりないので、数回通院する必要があります。

痛みそのものの原因を取り除くわけではありませんが、薬や温熱療法など試しても効果がないような強い痛みの場合、神経ブロック注射も一つの手段としてよくおこなわれる治療法です。

短時間ながら、神経が伝達する痛みを取り除くことできるので、自律神経の緊張が和らげられ慢性的な痛みから解放されます。
痛みから解放された患者さんはリラックスできるようになり、自然治癒力によって坐骨神経痛の症状を改善することができます。これが、神経ブロック療法の大きな目的となります。

神経ブロックは、どの神経に麻酔薬を注入するかによって約25種類ありますが、通常は一定の時間でその効力を失います。

脊柱管狭窄症の神経ブロック注射には、「硬膜外ブロック」と「神経根ブロック」の2つの方法があり、硬膜外ブロックで効果がない場合、神経根に直接注射する神経根ブロックを行います。

硬膜外ブロック

 脳と脊髄を覆う3層の膜のうち、一番外にあたるものを硬膜と呼びます。
神経を覆っている硬膜の外側にある硬膜外腔に局所麻酔薬やステロイド薬を注射します。腰部の場合、尾骨の上にある仙骨部に注射します。
腰、尾てい骨から馬尾周辺の血管を広げ、炎症をとる効果があります。
痛みの発生する部位の違いによって腰椎硬膜外ブロックと、仙骨硬膜外ブロックがあります。

腰椎硬膜外ブロック・・・横向きになった姿勢で、正中の棘突起の間から針を刺入する方法と、少し外側の傍正中部から刺入して硬膜外腔に薬剤を注入する方法があります。

仙骨硬膜外ブロック・・・腹ばいになり骨盤の下に枕を当て、お腹やお尻をやや高く持ち上げた姿勢で、尾骨のすぐ上にある仙骨裂孔から針を刺して局所麻酔薬(場合によってはステロイド薬)を注入する方法です。

神経根ブロック
痛みを伝えている神経に直接麻酔薬を注射します。腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアを問わず、坐骨神経痛に最も効果のある神経ブロック法です。

背中側から針を刺し、圧迫されている神経根の周囲に直接、局所麻酔薬とステロイド薬を注射します。

腹ばいになり、下腹部に枕を当てて腰椎の曲がる角度を小さくした姿勢で行われます。
神経根の部分をレントゲン透視で確認しながら行われますが、神経根を正確に捉えるため、麻酔剤の注入前後に造影剤を注入して行う場合もあります。

造影剤の流れを観察すると、神経根の圧迫状態が調べられるので、検査的な要素もあるようです。
どちらにしても注入された薬剤が直接神経根に触れるため、ピリピリとした痛みを感じます。

椎間関節ブロック
変性すべり症などによる腰部脊柱管狭窄症に多い腰痛やお尻周辺の痛み、後ろに反った姿勢のときに大腿部に生じる痛み、体を動かしたときに感じる強い痛みなどを緩和します。

治療ベットの上に斜めに横たわってレントゲン透視を受けながら、椎間関節に1mlほどの局所麻酔を注入します。
効果があれば、数回繰り返します。