腰痛は人の体の構造上仕方がない

腰痛は人の体の構造上仕方がない

生物の体は上手く出来ているものであり、かなり利にかなっている形をしていることが多いです。しかし人の形は少しそれから外れてしまう部分もあるようです。それは腰の部分です。腰痛は人に多い症状と言われています。その理由としては、二足歩行にあります。二足歩行をする場合、当然体重は足に全てかかるでしょう。しかし足と同じくらい多くの負担がかかっている部分として腰があります。それゆえ、人間は腰を痛めやすい生き物と言えます。しかし人間の進化もまた、すごいものであり、しっかりと腰の負担を軽くするための動きや、背骨に進化してきています。背骨の湾曲している部分はまさにクッションの役割をしていると言えるでしょう。他の動物にはあまり見られない特徴と言えます。ただ、負担がかかりやすい部分であることは変わりません。腰が痛くなると、どうしても他の部分でカバーしようと体が無意識的に動いてしまいます。そうなるといかに、2足歩行に適している骨の構造になってきていても、それが効果的に発揮されないことになります。脊柱管狭窄症はまさにそれによって引き起こされる症状と言えるでしょう。本来であれば、二足歩行に適した腰と背骨の形になるので、脊柱管狭窄症になる可能性は低いです。しかし負担がかかってくるにしたがって、歪みが出てきて、症状が出てきます。先天的なものなどの特例を覗いては、脊柱管狭窄症は誰でも起こりえる症状と言えます。良い姿勢というのが非常に重要なことがわかります。