その腰の痛み、脊柱管狭窄症ではないかもしれない

その腰の痛み、脊柱管狭窄症ではないかもしれない

脊柱管狭窄症では、腰の痛みが大きな症状として捉えられることが多いです。しかしだからと言って、腰の傷みがあるからすぐに脊柱管狭窄症だと決め付けてしまうのは少し危険です。もしかしたら、脊柱管狭窄症ではない場合もあります。そんな時に、脊柱管狭窄症の予防をしていても、当然意味がなくなります。厳密に言うと、脊柱管狭窄症の予防運動や改善運動は、背骨にも筋肉にも良い影響を与えるので、全く意味がないわけではありません。しかし根本的な治療にはつながらず、場合によっては悪化してしまうこともあり得ます。腰の痛みは誰もが感じる可能性のある痛みですが、その原因になっている要素が何かを判断するには、高度な専門的な知識がいることになります。あまり素人判断はしない方が良いでしょう。脊柱管狭窄症の症状は、脊髄神経が取っている脊柱管が圧迫されることによって起こる症状です。神経的な部分に影響が出てくることが多いので、それが全くない場合は、脊柱管狭窄症ではない可能性が少しずつ高くなります。思わぬことが原因で腰痛を発症していくこともあります。注意が必要でしょう。