脊椎固定術とは

脊椎固定術とは

脊柱管狭窄症に対して有効的な治療に手術があります。その手術の中には「除圧術」と呼ばれるものと「脊椎固定術」と呼ばれるものがあります。ここでは「脊椎固定術」について紹介します。脊椎固定術は、脊椎管狭窄症の原因が脊椎の椎骨のすべりによって引き起こされている場合に利用される手術方法になります。手術の内容としては、名前の通りであり、ずれている椎骨をある程度の場所で固定し、必要以上に脊柱管を狭めることがないようにする手術になります。脊柱管が狭まることを防げるので、当然症状を緩和、改善させることができます。固定する方法としては、色々ありますが、金属によって固定することもあります。体質的な問題によっては、人工の骨などで固定されることもあり、方法は個人に合わせて、変化していきます。手術をすると、いきなり症状の改善を感じることできる人もいれば、なかなか症状がよくならない人もいます。手術をしてからも、しっかりと症状に関心を持ち、正確な対応をする必要はあります。逆にそれをしないと、手術の意味がなくなってしまう危険性もあるので、注意が必要と言えるでしょう。