「除圧術」の中にも種類がある

「除圧術」の中にも種類がある

脊柱管狭窄症の有効な手術方法として「除圧術」があります。この「除圧術」の中にも実は種類わけが存在します。個人の症状によって、適応するかしないかが決まってきます。一つ目が椎弓切除術と呼ばれるものです。脊髄神経は椎体と椎弓の間に挟まれるように存在します。脊柱管とはこのはさまれている空間のことを意味するのです。この空間が狭くなると、神経を圧迫します。椎弓切除術では椎弓を大きく削り落とすことによって、脊柱管を広げることになります。空間が広がれば、脊髄神経を圧迫することはなくなるので、症状の改善が望めるでしょう。実際に脊柱管狭窄症の手術ではこの椎弓切除術がもっとも活用されることの多い手術になります。「除圧術」の二つ目になるのが、開窓術と呼ばれるものです。これは椎弓切除術と基本的に原理は同じで、椎弓を削ることによって、神経の圧迫をなくす手術となります。椎弓切除術と開窓術では何が違うかと言うと、削り取る範囲になります。椎弓切除術では大きく椎弓を削り取るのに対して、開窓術は、部分的に椎弓を削り取ることになります。そのため開窓術の方が、椎弓に与えるダメージは小さくなります。どちらを利用するかは、症状や、担当する医師によって変ってきます。手術をするのであれば、利用する手術方法について理由をしっかり聞いておいた方が良いでしょう。