脊柱管狭窄症で行われる手術

脊柱管狭窄症で行われる手術

脊柱管狭窄症でも症状が進行してしまっていたり、狭窄が起こる部位によっては、簡単な治療では症状が改善できないことも十分あります。そんな時には手術という手段で対抗するしかないことも十分あります。手術が必要なケースとして、代表的なものに排泄障害が出てきてしまった時があります。手術の内容は主に脊柱の狭窄によって圧迫してしまっている状況を改善する為の「除圧術」というものと、脊髄神経が通っている脊椎の骨を固定留守「脊椎固定術」というものがあります。この二つを実践することによって、症状は大きく改善される可能性があります。しかし同時に、症状がしっかり改善されない可能性もあることを知っておくことが大切です。担当の専門医としっかり話をして、自分の症状の場合、リスクはどれくらいか、症状が改善される可能性はどれくらいかをはっきり聞いておくことが必要です。症状には個人差が大きく出てきます。一般例だけで判断してしまうのは危険と言えます。