脊椎管狭窄症の検査

脊椎管狭窄症の検査

脊椎管狭窄症が疑われる場合には、その疑いが本当かどうかの検査が必要になります。どこでもできる検査ではないので、出来れば、専門的な医療機関を訪れた方がより詳しい検査をしてもらえることでしょう。検査の種類としてはまずレントゲンやCT検査、MR検査などの画像検査になるでしょう。多くの場合検査を受ける人は指示を待っているだけでよいので、緊張する必要はありません。画像で脊椎に狭窄がある場合は、その時点で狭窄症と判断されることになるでしょう。しかし時によって、画像だけではしっかりと判断することが難しい場合もあります。そんな時はより詳しい検査をしてもらうことになるでしょう。レントゲンやCTMRIは脊柱管狭窄症だけでなく、多くの病気や症状の検査のために利用されます。そのため脊柱管狭窄症ではなく、別の症状が発見されることもあります。自分の抱えていた悩みの本当の原因を知るきっかけになることもあります。思わぬ情報が自分にとって有益になることもあるので、違和感を感じた時は、しっかりと検査を受けることをお勧めします。今では医療技術が進歩してきているので、検査を受けることができる医療機関は多くあります。