再生する馬尾神経

再生する馬尾神経

脊髄神経は基本的に一度障害を受けてしまうと、再生することはありません。研究は多くされていますが、現代の医学では再生しないこととなっています。そのため一度傷つけてしまうと、不可逆的な変化になってしまい、症状が出た場合、その症状を抱えて生きていくことになります。それまでの生活とは環境が一気に変わってしまうことになるでしょう。精神的な負担も多くなり厳しい現実がまっていることにもなります。ただ、それをサポートするような体制は出来てきているため、日常生活を送れるような希望をもつことは十分可能です。しかし、できるだけそのような症状が出てくるのは予防したいものです。ただ、年齢を重ねるほどに、脊髄を傷めてしまうリスクは高まります。脊柱管狭窄症がそのひとつの例と言えるでしょう。脊椎管狭窄症で痛めやすい部位として腰部がありますが。その腰部に関わってくる神経として馬尾神経と呼ばれるものがあります。これは脊髄神経の末端の部分をいい、馬の尻尾のような様子を見せる神経です。基本的に再生しないと言われる脊髄神経ですが、この馬尾神経だけは再生する可能性があるとされています。そのため腰部における脊柱管狭窄症は、症状を改善する際に、処置の施しようがないという状態にはなりにくいことになります。ただ、早期発見に越したことはないので、しっかりとした管理は必要です。