頚椎部分で起こる脊柱管狭窄症

頚椎部分で起こる脊柱管狭窄症

腰椎部分と同じように、頚椎部分でも脊柱管狭窄症が発生しやすくなります。一般的な生活の中で、頚椎部分も腰椎と同様に多くの負担がかかる場所になります。そのためその分脊柱管に影響を及ぼすことが多くなります。頚椎部分には多くの重要な神経か通っています。そのため体全体に症状が出てきてしまうこともあります。特に多くみられる症状としては、上半身の痺れや痛みになります。腰椎では感じることがなかった上半身の違和感や痛みは、より日常生活の中で大きな影響を与えることになるでしょう。ものがつかみにくくなってしまったり、筋力が低下してしまうことも時にあります。頚椎部分の症状はできるかぎり、早めに対処しておきたいものです。高齢者に多いですが、先天的な症状でこの脊柱管狭窄症を持っている人もいます。またほんの些細な衝撃で、この症状が出てきてしまう人もいます。腰椎部分の脊椎狭窄症もそうですが、若い人でも症状が出てくる可能性は十分あります。自己管理をしておくに越したことはありません。