軟骨無形成症と脊柱管狭窄症について

軟骨無形成症と脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症には先天性のものと、後天性のものがあります。先天性の脊柱管狭窄症の中には、軟骨無形成症による脊柱管狭窄症もあります。軟骨無形成症とは腕や足が非常に短く、一見してバランスの悪い体型になってしまうという特徴があります。足などが短いので、大人になっても、子供と同程度の身長であることも多いです。一般的な社会に適応することは難しく、不利な体型と言われています。頭や顔、指などにも特徴があります。軟骨無形成症の人は、先天的に脊柱管が狭いことが多く、脊柱管狭窄症を発症しやすいです。定期的な治療や、しっかりとした生活環境を整えることが必要になります。脊柱管狭窄症の他に、水頭症や睡眠無呼吸症候群などの合併症を見せることも多く、重い障害が残ってしまうこともあります。合併症に関しては、しっかりとした治療をすることで、改善することはできます。しかし、生活が限定されることもあり、精神的に多くの悩みを抱えてしまうこともあります。周囲の人の支えや理解、正しい発達に関する知識が重要になってくる症状です。