脊柱管狭窄症によって神経に障害が出てしまう場合

脊柱管狭窄症によって神経に障害が出てしまう場合

脊柱管狭窄症によって神経障害が出てしまうこともあります。これは一時的なものではなく、永続的に続いてしまうこともあります。痺れなどの症状から、生活に大きな支障をきたす症状まで様々です。決して軽く見ないことが大切です。脊柱管狭窄症は他の病気や障害と同じように早期発見できればそれに越したことはありません。体に負担の少ない治療方法によって症状を少なくできる可能性は増えます。逆に症状が重くなってしまったときの治療方法は限定されてきてしまいます。神経障害がある場合や手術などの治療が必要になる可能性もあります。また痺れが出てきたときや、傷みが出てきたとき、脊柱管狭窄症ではない可能性も十分考えられます。脊柱に関する疾病や症状は、どれも体全体に大きな影響を及ぼす可能性を持っていることを意識しておくことが必要です。神経は一度痛めてしまうと、再生させることや症状をなくすことは難しく、元の体に戻すことが出来ない場合もあります。あまり神経質になりすぎるのもよくありませんが、おかしいと思った時はすぐに病院で見てもらうことが必要です。脊柱管狭窄症は高齢者に多いですが、高齢者の場合、自分で自分の症状を把握するのがどうしても苦手になってしまうものです。周囲の人がしっかりと気付くことが大切になります。