治療方法は数多くありますが、完全に治すことは難しい

治療方法は数多くありますが、完全に治すことは難しい

脊柱管狭窄症の症状を完全に完治させるのは難しいのが現状です。しかし症状を軽くすることは可能であり、それぞれの症状にあった有効的な治療法はあります。代表的な治療方法としてあるのが薬物療法です。非ステロイド性消炎鎮痛剤などを用いて、治療を行っていきます。痛みに対して効果を発揮してくれることが多く、継続して行うことで症状を改善することは可能です。リハビリも大きな効果を発揮してくれます。最近では理学療法や装具両方などが注目されていて、身体状況に応じて、適切な治療を展開してくれます。幹部を暖めてくる温熱療法であったり、関節を固定するコルセットなどを活用します。麻酔による治療が行われることもあります。これは痛みそのものを感じなくしてくれる知慮法であり、痛みに苦しんでいる人にとっては大きな支えになるでしょう。これらの治療方法は症状の緩和にとどまります。根本的に脊柱の空間を広げることはできません。医師とよく相談し、確認をすることで効果を高めることができます。治療をしていて異常を感じた時はすぐに中止することも重要になります。