神経の圧迫される部位による痛みの違い

神経の圧迫される部位による痛みの違い

脊柱管狭窄症は神経が圧迫されることによって痛みが出てくる症状ですが、圧迫されている部位によって痛みや症状の違いが出てきます。これは脊柱管の中に通っている神経がそれぞれ手や足に直接的に影響している神経になるからです。神経根部分が圧迫されている時は、腰から足にかけて症状が出てくることになります。馬尾と呼ばれる部分が圧迫されるとより多くの症状が出てくることになります。例としては排泄傷害になります。自分で便意や尿意をコントロールすることが難しくなり、意識と反して排泄されてしまうことになります。これは脊髄損傷などでも見られる症状になります。身体的な痺れや痛みもそうですが、排泄というプライベートな部分に大きな影響が出てくるため、精神的にもかなり負担の大きな症状になります。周囲のケアが非常に重要になってくる症状です。神経根と馬尾の症状が混同する場合もあります。どの症状でも、歩きづらさや行動の制限は出てきます。症状に対する周囲の理解や正しい知識が、症状の改善につながることになります。