生まれつきもつ脊柱管狭窄症とは

生まれつきもつ脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は様々な原因によって、脊柱管が狭まってしまうことによって出てくる症状です。できる限り防ぎたい症状ではありますが、年齢と共に発症してくる可能性は高まります。しかし年齢とは関係なくこの脊柱管狭窄症になってしまう人もいます。それを先天性脊柱管狭窄症といいます。生まれながらにして脊柱管が狭くなっていて、多くの神経や血管を圧迫し続けることになります。この状態だと、たとえ若い人でも脊柱管狭窄症の症状を見せることになります。姿勢の改善などで症状を和らげることができます。しっかりと根本的な解決をするためには、手術が必要になる場合が多いです。狭くなっている脊柱管を広くすることによって、圧迫している神経や血管のスペースを多く取ることになります。先天性脊柱管狭窄症では若い人も多く症状を見せることになるので、手術の重要性がより高まる傾向にあります。しかし手術をしたからと言って、必ずしも全ての症状がなくなるわけではありません。時には再発してしまうこともあります。