楽になる姿勢ばかりとるのは良くない

楽になる姿勢ばかりとるのは良くない

脊柱管狭窄症は神経が圧迫されることによって、痛みや痺れが出てくる症状になります。姿勢が変わると、脊椎の状態も変わります。そのため姿勢によって、程度は大きく変わってきます。脊柱管狭窄症で一般的に楽な姿勢と言われているのが、前かがみになります。これは前かがみになることによって、神経への圧迫や負担が軽くなるからです。しかし気をつけないのは楽になるからと言って、このような姿勢と取り続けることは体のより大きな歪みを生む可能性があることになります。前かがみの状態を長期間続けていると当然骨の変形や関節に余計な負担がかかるようになります。それによって姿勢が正常に保てなくなり、体の歪みにつながってしまい、脊柱管狭窄症とは別の意味で多くの関節に痛みが生じてしまうこともあります。楽な姿勢はあくまでも、応急的な姿勢と見ておいた方が良いでしょう。適切な治療、訓練を受け、脊柱管狭窄症自体に対するアプローチをしないと根本的な解決にはなりません。