脊柱管狭窄症の怖さ

脊柱管狭窄症の怖さ

腰痛や関節の痛みなどは年齢を重ねていくと徐々に出てきてしまうものです。そんな症状の中には脊柱管狭窄症が影響している可能性もあります。この症状は高齢者になると多くの人が抱えることになる症状です。脊椎の中には脊柱管というものがあり、その中を人にとって非常に重要な神経の束が多く通っています。脊柱管狭窄症はこの脊柱管がどんどん狭くなってしまうことによって、中の神経を圧迫してしまうことによって起こる症状になります。痺れや痛みを伴うこともあり、日常生活の中で、動作を起こすのが苦痛に感じてしまうこともあります。症状が進行すると、連続歩行が難しくなったりするなど、大きな行動制限につながってしまうこともあります。高齢者の歩きづらさを単純に年齢のせいだけにしておく脊柱管狭窄症の進行につながってしまうこともあるので、注意が必要です。歩きづらさを感じたり、痺れ痛みを感じた時は、専門家に見てもらう必要があるでしょう。