脊柱管狭窄症の原因や症状

脊柱管狭窄症の原因や症状

腰部脊柱管狭窄症とは、何らかの原因(加齢による脊椎骨の変形による場合が多い)により、腰椎内部の神経の通路である脊柱管が狭くなり、脊柱管の中の足へ向かう神経組織を圧迫することによって症状が出現してきます。。

日本では一般的に脊椎の変性や変性すべり症によって起こる「変性脊柱管狭窄症」のことをいいます。

圧迫される部位により分類され、馬尾が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」となります。

あらゆる年代で発症する可能性がありますが、50~60歳代~70歳代までの方々に多く発症する傾向があります。

特徴は、しばらく歩くと徐々に下肢が痺れ重く感じるようになったり、痛み始めるなどして歩けなくなります。しかし、歩くのをやめて腰を掛けたり屈めたりするなどして、しばらく休むとまた歩けるようになるという、「間欠跛行」という症状があるという事です。

原因としては下記のようなことが考えられています。
・生まれつき脊柱管が狭い先天性脊柱管狭窄症
・すべり症により脊柱管が狭くなる、椎間板ヘルニアなどによる合併狭窄、腰椎への手術などにより狭窄する、外症による、また成長途中で脊柱管に十分な広さが出来なかったものなどが原因の後天性脊柱管狭窄症
・加齢による病気や変性による

腰が痛かったり歩けなくなったりするのは年齢のせいだろうと放置すると、知らない間に症状が進行してしまう事があります。

特に安静にしているのに両脚にしびれや麻痺がある場合は、症状は重いと認識して専門医の診察を受ける事が必要です。