後縦靱帯骨化症の治療と手術

後縦靱帯骨化症の治療と手術

脊柱管狭窄症は脊椎の中央にある脊柱管と呼ばれる神経の通り道が、何らかの理由によって狭窄されるものですが、狭窄される原因が脊柱管内の靭帯の骨化にある場合は、脊柱靭帯骨化症と診断されます。

脊柱靭帯骨化症も一種の脊柱管狭窄症と言えるわけですが、外部から脊柱管が圧迫される狭窄症と比較すると、治療面で幾分厄介となります。

脊柱靭帯狭窄症も通常の腰痛治療とおなじように、いきなり手術を選択することはなく、鎮痛~理学療法といった保存療法がとられます。ただし脊柱靭帯骨化症の場合、手足の麻痺が顕著にみられることから、細かな生活動作などの機能障害が強い場合、四肢にしびれや麻痺が強い場合は手術が考慮されます。なお脊柱靭帯骨化症のなかでも、後縦靭帯骨化症は、腰椎のみならず、頚椎、胸椎にも発症し、国の特定疾患に指定されています。

後縦靭帯骨化症での手術は、前方法と後方法に分かれます。

前方法では、椎体を掘削して骨化病変を摘出する方法と、敢えて摘出せずに前方に浮上させる方法があります。そして椎体を掘削した箇所には骨盤からの骨移植を行います。
骨化病変の摘出にはさまざまなリスクがあります。ひとつは病変周辺の静脈からの出血コントロールが困難であること、また硬膜骨化した骨化巣の摘出時に膜が裂けて、髄液の漏出がおこることなどです。そのため骨化巣が大きい場合は、摘出を避けて浮上術によって対処することが多くなります。

浮上術の長期成績は概して良好で、圧迫因子を直接解除できることから、より根治的な手術とも言えます。ただし骨化が多椎体にわたっておきている場合は骨移植が特殊になりますし、頚椎から胸椎までといった長大な骨化がみられるようなケースでは前方浮上術が適用できないなどの難しさがあります。

いずれにしても後縦靱帯骨化症の手術は高度な技術を要しますので、経験豊富な専門医が在籍する施設で行なわれることになります。