靭帯骨化による脊柱管狭窄症

靭帯骨化による脊柱管狭窄症

背骨のなかには脊柱管と呼ばれる空間があり、ここには脳と連続する脊髄組織神経が走っています。腰部脊柱管狭窄症とは、この神経の通り道となる脊柱管が何らかの理由で狭窄され神経に刺激や圧迫が加わる症状ですが、狭窄される原因には、外部要因と内部要因があります。

内部要因で狭窄するというのは、脊柱管内の靭帯が骨化することでおこり、一般的に脊柱靭帯骨化症と呼ばれる症状を呈します(脊柱靭帯骨化症は、他にも後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、前縦靭帯骨化症とも呼ばれます)。

脊柱管の内壁を構成する主要靭帯は後縦靭帯骨化と黄色靭帯ですが、脊椎の前側には前縦靭帯があります。つまり、細かくは骨化した靭帯によって呼び名が変わるということになります。なお脊柱靭帯骨化は、おもに中年以降であらわれることが多く、治療上もっとも問題となるのが後縦靭帯骨化で、後縦靭帯骨化症は難病に指定される脊椎疾患です。腰部後縦靭帯骨化症は、骨化した部分に外部から強い衝撃を受けると、症状が一気に悪化することがありますので、注意を要します。

脊柱管内に骨化があらわれるのは加齢現象の一種ですが、問題となるのは、骨化が大きくなり神経を圧迫することです。脊柱靭帯骨化症の原因としては、全身的な骨代謝の異常などが指摘されているものの、今のところはっきりとした原因は分かっていません。ただし糖尿病と合併する頻度が高いこと、兄弟で発症する例が多いことなどが報告されています。

脊柱管狭窄症の原因が脊柱靭帯骨化症の場合は、外部要因による脊柱管狭窄症とはまた違った症状が加味されてきます。端的には麻痺が強くあらわれるようになりますが、初期には手足のしびれや作動の悪さを自覚症状として認識することが多いです。字を書いたり小銭を出すのに手間がかかるような感じがある場合は注意を要します。また脊柱管狭窄症と同様に、歩行障害や膀胱直腸障害があらわれるようになると、症状が進行していると言えます。
もちろん腰痛や下肢のしびれといった脊柱管狭窄症の典型的な症状も認められますので、これらの異常を認知したら、早めに診断を受けて治療しなければなりません。