脊柱管狭窄症の初期の痛みを早く取り除く重要性

脊柱管狭窄症の初期の痛みを早く取り除く重要性

脊柱管狭窄症は何らかの原因で脊柱管内が狭くなり、中の神経を圧迫することで腰痛や脚のしびれを引き起こす腰痛症です。

脊柱管狭窄症と言っても、急性期や初期にみられる症状は、ほかの診断名の腰痛症と大きく変わることはなく、腰痛に加えてなんとも言えない脚のしびれが続きます。安静を続けていれば、やがて痛みが徐々に引いてはきますが、はじめに強く痛む場合はその痛みを取り除くことが先決となります。

痛みを取り除く治療を対処療法として軽く考える方や、薬の弊害を指摘する方もいますが、痛みは基本的に体にとって有害なものですから、まずは痛みを取り除くため積極的に薬を使うことが有効かと思います。

痛みを鎮めるためにとられる薬物療法として効果的なものはやはり注射です。この場合は痛んでいる場所に、炎症をおさえるステロイド剤と麻酔剤をまぜた薬液を注射します。また飲み薬としては鎮痛消炎剤を使用するほか、痛みの原因は筋肉の緊張にあると考えられる場合は、筋肉弛緩剤を処方するケースも少なくありません。さらに痛みで寝られないという場合には、患者の不安を軽減するために軽い精神安定剤を勧められることもあります。どのように痛むのかは医師のほうでも細かくヒアリングしてきますので、できるだけありのまま伝えることが大事です。

こうした鎮痛治療は、脊柱管狭窄症の初期治療でも大事な部分ですが、なかには痛みの本質に迫らず、薬漬けにするだけではないかと考える向きもあるでしょう。でもそれは間違いです。先にふれた通り、強い痛みが続くことは体にとって相当なダメージとなり、体そのものを弱らせてしまいます。そのぶん軽快に向かうまでの時間も余計にかかってしまうという悪循環にもつながります。

痛みを積極的にとることの利点に、次の治療段階に早く進めるということがあります。痛みを取り除いた次の治療段階には機能回復を図るということがありますので、ここにできるだけ早く移行することが再発の予防や、脊柱管狭窄症であれば間欠跛行の予防にもなるのです。

機能回復には、さしあたって体操などが有効です。腰痛はいつまでも体を動かさないでいると、悪い方向に進んでしまう可能性が高まりますので、早めに痛みを取り除き、日常生活動作が行えるレベルに持っていくことが大事なのです。