脊柱管狭窄症を改善してくれる漢方薬『八味地黄丸』

脊柱管狭窄症を改善してくれる漢方薬『八味地黄丸』

脊柱管狭窄症の保存療法で使用される薬は、消炎鎮痛薬のほか、神経の血流を改善する薬が用いられます。一例を挙げますと、経口薬としてリマプロストやシロスタゾールなど、静脈注射としては、プロスタグランディンE1製剤などがあります。

いっぽうで腰痛の治療薬として漢方薬もあります。漢方薬と言うと、病院では与えていないと考えている方もいるかも知れませんが、病院によって医師から処方される場合もあります。
多くの方のイメージでは、漢方薬は副作用が少ない代わりに、効果があらわれるまでに時間がかかるという感じかも知れませんが、決してそんなことはありません。体質に合った漢方なら、症状によっては飲んですぐに効果が出てくるものもありますし、薬によってそれなりの副作用もあったりします。

いちばんに言えるのは、漢方が普通の薬よりも体質に合っている場合があるということです。こうした方にとって自分に合った漢方が見つかることは、ある意味でとてもラッキーなことと言えるかも知れません。

脊柱管狭窄症に効果があるとして知られている漢方に『八味地黄丸』という薬があります。もちろんすべての狭窄症患者に効果があるわけではありませんが、保存療法での薬がどうも合わないと感じている方なら試してみる価値はあると思います。

『八味地黄丸』は漢方で言うところの「腎気」、泌尿生殖器の働きを高めてくれる効果があり、虚弱、冷え、下腹部の脱力に総じて効果があり、足腰のしびれや痛みの改善効果もあります。
製薬としては幾つかの会社から出されていますが、腰痛・脊柱管狭窄症の方には。ツムラの『八味地黄丸』が選ばれています。

『八味地黄丸』の副作用としては、食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢などがあらわれることがありますので、胃腸が弱い方は、これらの副作用が見られた場合は、服用をしばらく休止してから再度飲んでみると良いでしょう。症状が強く、自分に合わないと感じる場合は、無理して継続せず、薬を変えてもらうと良いでしょう。

『八味地黄丸』は虚弱体質を改善してくれる効果もありますので、薬が合う方は、腰痛や下肢のしびれが改善される以外に、体調が全体的に良くなってくるはずです。漢方はどの薬も、血流の改善と体温の上昇を基本としていますので、冷えに悩んでいる方にも合えば良い薬となることでしょう。