間欠跛行の特徴と早期受診のすすめ

間欠跛行の特徴と早期受診のすすめ

腰部脊柱管狭窄症は、腰部の脊柱管内を走っている神経が圧迫されることによって、腰痛やしびれを生じる疾患です。神経が圧迫される原因はさまざまですが、外部からの圧迫や管内の変性などで脊柱管の内部が狭くなることによって神経が圧迫されます。

脊柱管狭窄症は他の腰痛症とあわせて坐骨神経痛と呼ばれることもありますが、脊柱管狭窄症という腰痛症は、特徴的な症状を呈しますので、他の腰痛症と見分けがつきやすいという面があります。

脊柱管狭窄症の代表的な症状をひとつあげるとすると、やはり間欠跛行があらわれてくるところにあるでしょう。
間欠跛行とは、歩行障害のひとつで、歩いているうちに脚がしびれ出して、歩くことが困難になります。歩行中であれば、足をとめて休まざるを得なくなり、腰を屈めてしまうわけですが、休んでいると、しびれがおさまるのでまた歩き始めます。しかし、しばらく歩くとまた強いしびれにみまわれ、足を止めて休んでしまうということを繰り返します。

歩行可能時間は、症状によっても違い、10分程度歩ける方もいれば、2,3分もするとすぐ歩けなくなる場合もあります。通常、脊柱管狭窄症の症状が進行していくと、間欠跛行の間隔は短くなっていきます。なかには老性の神経痛と考えて、治療を受けずに脊柱管狭窄症を見過ごしてしまうこともありますので、まわりで注意してあげることも必要です。

またこの間欠跛行という症状は、脊柱管狭窄症以外に閉塞性動脈硬化症でもみられるものですから、原因となる疾患が何かを見誤る場合があります。いずれにしても歩行障害に近い症状があらわれた場合は、病院で診断を受けるべきです。安易な自己判断は、原因となる疾患を取り返しのつかないレベルにまで進行させてしまうことにつながりますので、家族の方も注意して受診をすすめるようにすることが大事です。