脊柱管狭窄症の症状と治療法

脊柱管狭窄症の症状と治療法

脊柱管狭窄症は、老化などの原因によって脊椎の骨、椎間板、靭帯などが背骨の中にある脊柱管という空間を狭くして、その中を通る神経を圧迫し、障害を与え、血行を悪くすることで痺れ、麻痺、痛みなどの症状を引き起こします。
脊柱管狭窄症が起こる個所は、主に首または腰で、腰で起きた場合、その痛み、痺れは下肢、臀部に現れ、間歇性跛行などの障害が発生します。

症状が進行すると、下肢の筋力低下、知覚障害、排尿・排便障害を起こす可能性があります。
姿勢によって、症状の現れ方が異なり、腰を反らせることで症状が現れたり、痛み、痺れが強くなります。
したがって、痛みが出ても前かがみになることで痛みが軽減されます。

脊柱管狭窄症は、その7割が手術を必要としない保存療法でよくなると言われています。
薬物療法では、血行を良くする薬が使用されます。
保存療法で効果がない場合に手術が行われます。最近では、従来の方法に比べ、身体への負担の少ない手術法が増加し手術後の痛みや筋肉の委縮が少なくなっています。