脊柱管狭窄症と間欠跛行について

脊柱管狭窄症と間欠跛行について

ぎっくり腰の経験がある方は、分かると思いますが、急性期は少し動いただけでも痛みに襲われるので、特に初日は寝た状態で寝返りをうつこともできない1日を過ごすことになります。これはとる姿勢によって、筋肉の炎症部や神経を圧迫するからと考えられるわけですが、同じことが脊柱管狭窄症でも言えて、痛みを発する姿勢をとらないようにすることは、意外に大事なこととなります。
またこのことは、脊柱管狭窄症の痛みが、姿勢に依存する部分が大きいこともしめしていると言えるでしょう。

脊柱管狭窄症の典型的な症状に間欠跛行がありますが、間欠跛行とは、歩行と立位を続けていると下肢痛としびれが少しずつ悪化しはじめて、歩行中であれば歩けなくなるぐらい、立位の場合は、そのまま立ち続けることが困難になるぐらい症状が悪化する様態を言います。しかし通常の間欠跛行であれば、5分以下の休息で症状が軽快し、歩いたり立ち続けたりができるようになります。

この間欠跛行が起こるメカニズムも、基本的に、とっている姿勢が神経を圧迫しているからであり、予防策としては間欠跛行に陥るほどの距離を歩かないこと、また間欠跛行が起きやすい姿勢パターンで立たないことが有効となります。

脊柱管狭窄症では馬尾神経を圧迫しているケースもありますから、間欠跛行の症状に下肢にしびれだけでなく、陰部のしびれや排尿感が出る場合も多くなります。またいわゆる神経根型の狭窄だと、脊柱管が伸びることによって狭窄度が強まりますので、伸展位をとることで腰痛が悪化するといった具合です。
脊柱管狭窄症の原因が、腰椎変性や腰椎すべり症が原因となっている場合もありますので、それによる腰痛も重なります。

なお神経障害が進行してくるとそれによる筋力低下、知覚鈍磨もみられるようになります。そして間欠跛行になるまでの距離も短くなり、姿勢を一定にしている安静時でもしびれや痛みに悩まされるようになります。