脊柱管狭窄症の診断のポイント

脊柱管狭窄症の診断のポイント

脊柱管は、前方に椎体が、後方が黄色靭帯と椎弓があり、これらに囲まれた部分を指します。脊柱管のなかには馬尾神経や神経根が通っていて、これらが圧迫などで刺激を受けることで、しびれや痛みが出現するのが脊柱管狭窄症です。

脊柱管狭窄症の診断は、とる姿勢によって神経症があらわれるかどうかを確認しますが、より正確な診断を行うには、患者とともに歩行しながら痛みがあらわれるかどうかの問診も行なわれます。そして脊柱管狭窄症と似た間欠跛行が出る腰痛症に閉塞性動脈硬化症がありますので、これとの違いを見極めることも、脊柱管狭窄症を診断する上で大切なポイントになります。

閉塞性動脈硬化症は、下肢の血流障害ですから、脊柱管狭窄症と閉塞性動脈症を見分ける方法のひとつとして脈拍の確認があります。具体的には下肢と上肢の血圧比を調べて、所定の数値以下であれば、脊柱管狭窄症ではなく閉塞性動脈硬化症を疑うといったことになります。
また脊柱管狭窄症の間欠跛行は、休息時に腰椎を前屈することでしびれが改善されますが、閉塞性動脈硬化症では、腰椎の前屈では痛みやしびれなどの症状が緩和しません。また脊柱管狭窄症の間欠跛行は跛行距離が一定しないことが特徴となりますが、動脈硬化症の間欠跛行は跛行距離がある程度一定であるといった違いもあります。

また非常に分かりやすい見極め法は、自転車に乗ることが困難かどうかをみることです。症状を自覚してから自転車に乗るのが困難になったとしたら、それは閉塞性動脈症の疑いがあると考えられます。

他にも脊柱管狭窄症は、狭窄の原因に椎間板ヘルニアが絡んで、神経圧迫につながっている場合があります。この場合、椎間板ヘルニアと診断するか狭窄症として診断するかは医師の判断によって違ってきます。