脊柱管狭窄症の手術の概要

脊柱管狭窄症の手術の概要

脊柱管狭窄症の治療は、まず保存療法によって経過を見ることになりますが、間欠跛行などの歩行障害が酷く日常生活に著しく支障をきたす場合や、排泄障害がある場合は、手術が勧められます。脊柱管狭窄症の手術とは、どのようなものなのか整理してみましょう。

脊柱管狭窄症の手術と除圧術について

脊柱管狭窄症は、脊柱管内部を走る神経が圧迫されることから、痛みやしびれを発症する腰痛です。そこでこの圧迫を取り除くために行われるのが除圧術と言い、神経障害が椎骨のすべりが原因となっている場合に行われるのが脊椎固定術と言います。脊柱管狭窄症の手術は、大きくはこの二種類の手術に分かれ、手術件数として圧倒的に多いのは除圧術です。

除圧術はさらに、椎弓切除術と開窓術に分けられます。椎弓術とは、脊柱管の中を広げるために、広範囲にわたって椎弓を切除する手術です。脊柱管は、椎体の背中側の壁と椎弓に囲まれており、椎間板の変性や分離した椎弓が動くなどで圧迫を受けます。この挟まれた片側にあたる椎弓を切除することによって、脊柱管の圧迫を緩和するのが椎弓切除術というわけです。脊柱管狭窄症の手術のなかでは、症例数が最も多くなります。

開窓術は、椎弓切除術ほど広範囲に椎弓を切除せず、椎弓が圧迫している箇所に焦点を合わせて、椎弓に窓を開けるように切除し、圧迫が生じていない箇所は可能な限り温存する方法です。

脊椎固定術について

脊柱管狭窄症の脊椎固定術は、椎弓とは反対側にある椎骨のすべりからくる圧迫を取り除くために行われる手術です。椎骨を固定するための方法としては、自分の骨を移植するか、人工骨を作って使うか、固定用の金属を使うかのいずれかの方法が用いられます。手術としては除圧術より大掛かりになりますが、一般的に術後の悪化や再発が比較的少ないと見られています(勿論症状によってケースバイケースですが)。

脊柱管狭窄症の内視鏡術

また椎間板ヘルニアでは多くなっている内視鏡を使用しての手術が、脊柱管狭窄症でも行えます。内視鏡術は、患者の体への負担が軽減されるだけでなく、仕事への復帰が早くなることから、働き盛りの年代の方にとって有用なものと言えます。

脊柱管狭窄症の内視鏡術は、神経根型の狭窄症に適していると言われており、圧迫の原因となる椎弓などの切除術を内視鏡によって行います。入院は手術前日からで、術後4日から7日で退院し、退院した翌日からは事務作業や家事などが行えるようになります。

手術を受けても症状が完全に軽快するわけではない

脊柱管狭窄症の手術を受ける際に、理解しておくべきことは、手術によって痛みやしびれがかならずしも完治されるということではないということです。勿論、患者さんの症状の度合いによって、かなり軽快されるケースもあるのですが、基本的に術前時の日常生活で問題となっていた支障が軽減されるのだと考えておいたほうが良いでしょう。

また、術後のリハビリや生活習慣(姿勢の改善や筋肉強化など)も大きく影響されますので、時間が経過するに従って、再発や症状の悪化がみられることもあるということです。この点は、手術を受ける前に説明を受けて、手術の限界について正しく理解しておく必要があるでしょう。

また早期発見と治療が、こうした手術後の経過にも影響するわけですから、症状が軽い場合でも腰痛だからと甘く見ないで、治療の必要性や生活習慣の改善に早く気づくことが大事と言えます。