病院の鎮痛薬などが合わない方は漢方に切り替えてみると良い

病院の鎮痛薬などが合わない方は漢方に切り替えてみると良い

脊椎管狭窄症は積み重なった椎骨の中にある神経の通り道(脊椎管)が細くなり、神経が圧迫されて痛みしびれを発症している状態です。

神経が圧迫される要因は色々あり、加齢によって変形した椎間板が突出して神経を圧迫するといった外部からくるものもあれば、靭帯の骨化が進んで脊柱管の内部自体が狭くなり、これが神経を刺激する内部要因による圧迫もあります。また閉経後の女性の場合は、骨粗鬆症の合併症というかたちで脊柱管狭窄症があらわれるケースもあります。

そんな脊柱管狭窄症でも、重症でなければ、保存的療法で症状が軽快に向かうように、薬を飲んだり、温熱療法を用いたりします。またどうしても痛みが酷く日常生活に影響する場合は、神経ブロックによって痛みを取り除く処置もとられます。

脊柱管狭窄症で服用する薬としては、消炎鎮痛薬や、しびれを緩和させるビタミンB12製剤、血流を改善するプロスタグランジン製剤などが使用されます。ただ、こうした対処療法を継続するなかで、胃腸への負担から薬を継続して服用することに抵抗を感じる方もでてくるものと考えられます。そんな方におすすめなのが漢方薬です。

なかには、病院の薬への抵抗が少なく、長期服用しても何ら問題のない方もいます。こうした方は、概して漢方を試してもその効果を実感できなかったりするのですが、反対に病院の薬が体質的に合わないと感じている方は、漢方に切り替えてみると、体調も良くなり、薬の効果もあらわれやすかったりするものです。
漢方が合うか合わないかは、実際に飲んでみなければ分からないところですが、病院の薬を長く続けるのが負担だと感じている方は、試してみる価値はあるでしょう。

脊柱管狭窄症に用いられる漢方薬

脊柱管狭窄症でよく処方される漢方薬は、葛根湯、桂枝加朮附湯、調栄活絡湯、疎経活血湯などです。漢方の基本は冷えを取り除き、鬱血や血行障害を改善して血流を良好にすることにありますが、配合されている生薬によって、筋肉の萎縮を和らげたり、運動麻痺を改善したりと、症状に応じた効能を持つ漢方薬が処方されます。

最近では病院でも漢方薬を処方してくれるところも出てきていますので、医師のほうから漢方薬を紹介してくれる場合もあります。病院の薬が効かないというわけではないけれど、胃腸薬と併用しても、ムカつきなどの不快感に悩まされている方は医師に相談してみると良いでしょう。

なお漢方薬でも、薬によって体に合わないものだと、一時的のお腹をこわしやすくなったりといった副作用が見られる場合もあります。処方を受ける場合は、その漢方薬にどのような副作用があるかということも確認してみてください。