下肢の痛みから病気を推測

下肢の痛みから病気を推測

下肢に痛みを感じるときは、原因として脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎分離症などの腰椎疾患が疑われます。
腰椎疾患からくる下肢の痛みは、症状として坐骨神経痛と呼ばれます。
歩くなどの動作をしているときに下肢痛を感じるときは、腰椎疾患の脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどの可能性が高く整形外科医で見てもらうようにした方が良いでしょう。

一方、動かないでいる就寝中などにも下肢に痛みがあるときは、骨や神経の腫瘍の可能性があるので、この場合は、整形外科医ではなく、脊椎・脊髄病の専門医で見てもらうようにした方が良いでしょう。
放置すればするほど、完治までの治療時間が長くなります。
正確な原因を見つけて、適切な治療を早く開始することが大切です。
特に、排尿、排便に支障が起きている場合は、神経の麻痺が始まっているので、一刻も早く専門医の診断を受けて、適切治療を行わないと手遅れになる可能性があります。
我慢できる範囲の痛みであっても、重大な病気が隠れている場合があります。早めの受診が大切です。