高齢者の腰椎変性疾患手術は不可能か

高齢者の腰椎変性疾患手術は不可能か

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアは加齢に伴って椎間板や椎骨が変性(形)することで生じるので、高齢者にとっては高齢になるほど発症する確率が高くなる病気です。
おまけに高齢者になると手術による治療が回避されることが多くなります。
その結果、対症療法や保存療法で痛みを緩和しながらの生活になってしまい質の高い老後の生活が送れなくなっているケースが多くなっています。

確かに高齢者にとっての手術は身体に与える負担が大きく、手術後の入院期間が長くなったり、その間に合併症を引き起こす危険性も増加するので止むを得ないことですが、そんな高齢者に負担の軽い手術方法がMD法による手術です。
MD法とは、顕微鏡を用いた手術で、わずか2cm以下程度の切開しか行わないので、手術時間、出血、痛みが少なく、高齢者の身体にも負担をかけない手術方法です。

この手術で適応できる病気には、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎分離症などがあります。
これからは、超高齢化社会と言われています。高齢者になっても歩き回れて活動できる生活を送りたいものです。
MD法は、そんな高齢者の味方になってくれることでしょう。