脊椎管狭窄症の保存療法と筋力強化(運動療法)について

脊椎管狭窄症の保存療法と筋力強化(運動療法)について

脊椎管狭窄症は、神経が圧迫されることから排泄障害を引き起こしてしまうと、手術に踏み切らなくてはならなくなります。したがって、臀部や足にしびれ等の違和感が自覚しているのなら、早めに受診して、原因を明らかにすることが肝要です。

脊椎管狭窄症の保存療法

脊椎管狭窄症の場合も、他の腰痛と同じように、まず対処療法的に痛みを抑えて症状の緩和を優先させます。脊椎管狭窄症の保存療法には、消炎鎮痛薬による痛みの緩和、そしてしびれに対してはビタミンB12製剤、歩行障害に対しては、血流改善のためにプロスタグランジン製剤が使用されるのが一般的です。

そして脊椎管狭窄症では、やや前かがみになるほうが神経を圧迫しないことから、コルセットを使用する場合も脊椎管狭窄症用に前かがみ型のコルセットが用いられます。またいわゆる「神経ブロック」は、局所麻酔やステロイド剤の注射をすることで、痛みをブロックして炎症を緩和させる治療法で、脊椎管狭窄症の場合は、硬膜外ブロックと神経根ブロックがあります。

脊椎管狭窄症でも筋肉の強化は重要

こうした保存療法と併行して行われるのが筋力強化です。筋肉を強化させることで、強靭な体幹筋が形成されると、腰椎は確実に安定してきます。そのため個人差はありますが、徹底的に筋力強化に取り組むことで、脊椎管狭窄症のしびれや痛みの大幅な改善に成功するケースがあります。

筋肉の強化に対してどれだけ時間を割いて取り組めるかは、個人の事情によって異なってきます。しかし、対処療法で痛みを取り除くだけでは、症状の根本的な改善とはなりませんから、筋肉強化のための運動療法こそが、最も確実な脊椎管狭窄症の症状改善の道だと言えるのではないでしょうか。

続けられる環境を求めることも大事

筋力強化のためのリハビリテーションは、個人的に行うものではなく、通常整形外科に併設されている運動療法部門などで、理学療法士など、専門家の指導のもとで行なっていき、指導された運動療法を自宅でも続けていくことになります。腰痛の運動療法は、痛みがある場合は行わないというのが基本ですし、運動メニューもプロスポーツ選手が行なっているような、ハードなものはひとつもありません。

また筋肉は高齢になっても、取り組んだ分、かならず強化されますので、年齢からいって無理だと諦めるようなものではありません。大事なのは、飽きないで続けることです。かりに現在利用している運動療法部門のスタッフと合わないという場合は、病院を変える等も検討してみても良いでしょう。