脊柱管狭窄症のさまざまな治療方法

脊柱管狭窄症のさまざまな治療方法

脊柱管狭窄症にはさまざまな治療方法があります。自分の症状にあった適切な治療を行う必要があります。

まず、脊柱管狭窄症で行われる治療法は「保存療法」です。薬物療法や神経ブロックなどが行われます。薬物療法は、薬で痛みやしびれを軽減させることが目的で、痛みに対しては消炎鎮痛薬、しびれに対してはビタミンB12製剤が用いられます。歩行障害がある場合は、血流を改善するプロスタグランジン製剤が出される場合も。

そして、コルセットなどで腰を固定する場合もあります。最もラクな前かがみの状態で固定してコルセットを装着することで神経への刺激が軽減されるからです。一方、神経ブロックで痛みを軽減させる方法もあります。神経やそのまわりに局所麻酔薬、ステロイド薬を注射して痛みを遮断しながら炎症を抑えます。脊柱管狭窄症の神経ブロックには、硬膜外ブロックと神経根ブロックの2つがあります。

さらに、排泄障害などが起こっている場合、手術が検討されます。保存療法で十分な効果が得られずに症状が悪化している場合にも行われます。脊柱管狭窄症の手術には、神経への圧迫を除く除圧術、上下の椎骨を固定する脊椎固定術という方法が一般的です。