脊柱管狭窄症で行われる「手術」について

脊柱管狭窄症で行われる「手術」について

脊柱管狭窄症と診断されると、手術が検討されるケースがあります。たとえば、強い神経障害がある場合、姿勢の改善指導など保存療法をしばらく続けても効果が得られなかった場合などになります。

この脊柱管狭窄症で手術を行う基本的な考えは、脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除くことです。また、除圧部位に支障をきたす場合、固定術が併用されます。

また、馬尾障害がある場合に手術をすすめられても、手術しないで保存療法が有効な場合もあります。ただこれは、早期発見と早期治療をした人に限られます。脊柱管狭窄症を長らく放置していた人は当てはまりません。

そして、手術後に誰もがすべて解決される訳ではないことも覚えておきましょう。下肢や腰痛の痛みなどは、一気にすべて解消されないこともあります。しかし、手術によって治りやすいことも確か。まれに痛みが再発するケースもあります。

痛みが薄れることなどが期待できる脊柱管狭窄症の手術。しかし、手術してもすべて解決されないことがあることはしっかり理解しておきましょう。そして、手術の影響によって自身の全身状態、麻酔の影響、さらに合併症などのリスクもあります。担当医ととことん相談した上で納得して決める必要があります。