脊柱管狭窄症の名医に出会うために

脊柱管狭窄症の名医に出会うために

腰痛に悩まされ、さらに脊柱管狭窄症と診断されると、つらい毎日を送っているはず。つらい痛みから解放されたい、そのために「名医を探している」人もいるかも知れません。脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアと並ぶ腰痛の2大原因ともいわれます。脊柱管狭窄症の名医に出会えると、つらい痛みから解放される日がやってくるかもしれません。

整形外科の名医を見つけると、自分の症状にあった適切な治療を受けることができるでしょう。特に、十分な治療実績を持った脊柱管狭窄症の名医なら、あなたの脊柱管狭窄症も治るかもしれないという期待を持てます。

しかしただ名医にかかれば治る、というものでもありません。脊柱管狭窄症というのはいったいどういう症状なのか、どういった治療法があるのかなどの基礎知識は知っておいて損はありません。

脊柱管狭窄症は、腰痛、歩行障害、間欠性跛行、排泄障害、感覚障害、足の痛みやしびれなどの症状が出ます。特徴は、後ろにそらせると痛みが増して、前に体を倒すと楽になることです。

主な治療は薬物療法、保存療法、手術があります。自分の症状をしっかり把握して、脊柱管狭窄症の名医とよく相談した後、治療方針を決めないといけません。どれくらい治療にかかるかの見通しも前もって相談しておきましょう。仕事の関係で長期入院が無理といった現状も、名医にはあらかじめ話しておく必要があります。

もちろん、すべて名医にまかせっきりではいけません。治療内容をしっかりと理解して、納得した上で同意すること。自分で決めることも多いのです。