脊柱管狭窄症の正しい治療法

脊柱管狭窄症の正しい治療法

もし腰痛で病院に行くと、まずレントゲンをはじめ、MRIやCT検査が行われます。これらの結果から脊柱管に狭窄が起こった状態であるかの診断がなされます。

そして、脊柱管狭窄症の治療ですが、排泄障害などの症状が重い場合は手術がすぐに検討されます。しかし、神経根が圧迫されるなど症状の軽い場合、「姿勢の改善」「運動」の心がけ、痛みがある場合は「安静」などといった保存療法がメインになります。

まず、薬物療法です。「非ステロイド性消炎鎮痛薬」「内服薬」「貼付薬」「塗り薬」など。そして、理学療法では、血行を改善するためにホットパック(蓄熱財)による温熱療法、超音波療法、腰椎の牽引などが行われます。

また、装具療法では、腰部を安静させるために腰部コルセットを装着します。神経ブロックでは、痛みの伝達を遮断(ブロック)することで血流改善、炎症を鎮める「局所麻酔薬」を注射することも。あまり効果がないと、神経根に直接注射する「神経根ブロック」が行われるでしょう。

さらに、脊柱管狭窄症の手術についてですが、強い神経障害がある、保存療法をしばらく続けても効果がない場合です。脊柱管狭窄症の手術は、脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除くことになります。除圧部位に支障をきたす場合、「固定術」も併用されます。