脊柱管狭窄症の病院探し

脊柱管狭窄症の病院探し

脊柱管狭窄症を本気で治したい人は、病院探しにも力を入れたほうがいいです。脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアと並ぶ腰痛の2大原因。そのため、脊柱管狭窄症で評判のいい病院を見つけたら、しつこい腰痛から解放されると期待できるかもしれません。

整形外科で好評な病院、名医を見つけると、より適切な治療を受けることができるはずです。特に、十分な治療実績を持つ脊柱管狭窄症の名医がいる病院がおすすめです。大学病院や総合病院などの大病院だからいいとも限りません。

しかも、脊柱管狭窄症は神経が圧迫される部位によって馬尾型、神経根型、混合型に分けられています。馬尾型は馬尾と呼ばれる神経の束が圧迫されていて、神経根型は神経根が圧迫されている症状で、混合型は両方が圧迫されています。

脊柱管狭窄症の症状は、腰痛をはじめ、歩行障害、間欠性跛行、排泄障害、感覚障害、足の痛みやしびれなどがみられます。特に、後ろにそらせると痛みが増し、前に体を倒すと楽になるのが特徴です。

そして、脊柱管狭窄症の治療は、薬物療法や神経ブロック、装具療法などの保存療法と手術がよく知られています。自分の症状をしっかり把握して、病院でしっかりと医師と相談した上で、脊柱管狭窄症への治療方針を決めないといけません。

さらに大事なのは、いくら脊柱管狭窄症で好評の病院でも名医であっても、任せっぱなしにしてはいけません。