脊柱管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症の手術

腰痛における症状で知られる「脊柱管狭窄症」。この脊柱管狭窄症で手術が検討されることもあります。強い神経障害がある場合、姿勢の改善指導などの保存療法をしばらく続けても効果が得られなかった場合などです。

脊柱管狭窄症の手術は、基本的に脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除く、除圧することです。手術法について、痛みの原因によって、「開窓術」「椎弓切除術」などで方法が違ってきます。除圧部位に支障をきたす場合、「固定術」も併用されます。

一般的に馬尾障害がある場合、手術をすすめられます。馬尾障害があっても手術しない人もいますが、早期発見と早期治療がカギになり、くれぐれも自己判断で放置しないことが大事です。また、手術すると下肢や腰痛の痛みは治りやすいです。しかし「痺れ」「麻痺」などの神経症状についてはしばらく残ったり、痛みが再発したりすることもたまにあります。

脊柱管狭窄症の場合、手術をしてもすべてが解決されるというわけではないことをくれぐれも知っておかないといけません。また、手術には麻酔の影響や合併症などの危険性もあるので、医師としっかり話しあいましょう。