ヘルニアと並んで多い「腰部脊柱管狭窄症」

ヘルニアと並んで多い「腰部脊柱管狭窄症」

もし、腰痛で腰が伸ばせなくなったり、下肢にしびれを感じて歩きづらくなったりしたら、腰部脊柱管狭窄症の典型的な症状といえます。馬尾神経を囲んでいる「脊柱管」の後方を構成している関節や靭帯は、加齢とともに変性したり肥厚したりします。また前方を構成している椎間板も突出してくるでしょう。そして、脊柱管に収められている馬尾神経や神経根が慢性的に圧迫を受けることによって、腰部や下肢に痛みが出てくるわけです。

いまや腰部脊柱管狭窄症は、椎間板ヘルニアと並ぶ腰痛の二大疾病といえます。ただヘルニアと大きく異なるのは、腰部脊柱管狭窄症は加齢とともに症状を訴える人が増え、病状も進んでいく傾向があることです。

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管の中心部で圧迫を受ける「中心型」(馬尾型)、脊柱管の外側で圧迫を受ける「外側型」、一本一本の神経が出て行く椎間孔といわれる”トンネル”で圧迫を受ける「椎間孔型」の3つに分類されます。

たとえば、上記のような症状だと、中心型狭窄症だと考えられます。歩行とともに脚のこわばり、しびれ、脱力があらわれます。しばらく休むとまた歩けるようになります。排尿・排便障害を伴う場合もあります。外側型や椎間孔型だと片方の脚に同じような症状があらわれるのが特徴です。

まず、姿勢や日常生活の指導、神経に効く薬を服用します。温熱療法、運動療法、コルセット療法、神経ブロックなども効果があるものの、加齢とともに症状が悪化します。手術をする場合もあります。