腰椎脊柱管狭窄症について

腰椎脊柱管狭窄症について

腰椎脊柱管狭窄症は、加齢によって脊椎骨が変形することによって、腰部にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなります。そして、脊柱管の中を通って足に向かう神経を圧迫することによって起こる病気のことです。

もし腰椎脊柱管狭窄症になると、腰痛をはじめ、下肢のしびれ、坐骨神経痛のような痛みなどが主な症状です。しかも30分ほど立っていたり歩いたりすると症状があらわれ、座ってしばらく休むと症状が和らいでまた歩ける、というのが典型的な症状です。間歇性跛行ともいわれます。

腰椎脊柱管狭窄症が診断される特徴は、上にあげたことに加え、腰椎のMRI検査によって確実にほぼ診断されます。

では、腰椎脊柱管狭窄症はどのような治療を行うかというと、加齢に伴って起こる病気なので基本、自然に治ることはほぼありません。すぐ症状が悪くなることもないですが、おおよそ時間とともにだんだん症状が悪化することが多いです。

たとえば、薬物療法と手術による治療法が一般的です。まだ症状が軽い場合、薬で症状を和らげることができます。ただ重症の場合、薬ではほとんど効果が期待できないことも。症状が強くて薬の治療を続けても効果が出ないなら、思い切って手術をするのをおすすめします。