「脊柱管狭窄症」とは

「脊柱管狭窄症」とは

50代からだんだん増え始める「脊柱管狭窄症(せきちゅうかん・きょうさくしょう)」。腰痛の中でも近年、とても多くなってきます。神経の通り道にあたる「脊柱管」が狭くなって神経が圧迫されることで腰痛や歩行障害などになります。

そもそも、脊柱(背骨)を構成している椎骨は、円柱状の椎体と後方に張り出した椎弓から構成されています。そして、椎骨が積み重なることでできる管状の空間が脊柱管です。さらに第1腰椎のあたりから下の脊柱管には「馬尾(ばび)」と呼ばれる神経の束が通っていて、馬尾から分かれた神経は脊柱管から出て足のほうに伸びています。

脊柱管狭窄症は、老化に伴う椎間関節や椎間板が変形することに加えて、椎体が前方にずれる「脊椎すべり症」も脊柱管狭窄症の原因になることがよく知られています。

そして、脊柱管狭窄症は、圧迫される部位によって馬尾が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」に分類されています。

この脊柱管狭窄症の代表的な症状は、腰痛に加えて、脚の痛みやしびれから起こる歩行障害があげられます。腰を反らせると脊柱管が狭くなることで痛みが強くなって前かがみになると楽になるのが特徴といえます。そしてしばらく歩くと脚の痛みやしびれで歩けなくなる場合も、前かがみで休むと脊柱管が広がってまたしばらく歩けるようになることも。神経が圧迫されることで排泄障害や感覚障害になる可能性もあります。