腰椎すべり症は脊柱管狭窄症になることも

腰椎すべり症は脊柱管狭窄症になることも

慢性的な腰椎すべり症で、脊柱管狭窄症に発展してしまうこともあります。

腰椎すべり症で前方への”すべり”が定着してしまった場合に全体的にゆるいS字カーブを描いている背骨の一部が「前方突出」の状態となることがあります。この状態になると、脊髄中枢神経の通り道にあたる「脊柱管」が狭くなります。

その脊柱管が狭くなってしまったらどうなるかというと、身体の動きの中で脊髄中枢神経が圧迫、接触されやすくなってしまいます。そしてビリビリ感じる神経痛が起こりやすくなります。前方へのすべりによる脊柱管狭窄症は、背中を伸ばしたり、反ったりする動きを取ると、特にこの神経圧迫が起こりやすくなります。

もし、背筋をまっすに伸ばそうとした時、ビリビリくるしびれを感じたら要注意。万が一、脊柱管狭窄症がすでに起こっている可能性もあるからです。ただ、脊柱管狭窄症が疑われたとしてもあまり必要以上に怖がることもないです。というのも、たとえ脊柱管狭窄が起こっていても、その原因をしっかり調べて処置をすれば狭窄は治まっていき、脊柱管狭窄の症状もだんだん治まってくるからです。