右側腰痛になったら

右側腰痛になったら

右側だけ、または左側だけが痛い腰痛もあります。珍しくはありません。腰痛持ちの中には、片側の腰だけがすごく痛い人も意外と多いのです。

腰痛で腰の右側だけが痛いという症状の場合、考え得る原因をあげると、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、背骨の歪み、脊柱管狭窄症、骨粗鬆症などです。

なぜ片側の腰だけが痛くなるのかというと、片方の神経が圧迫されているからです。椎間板ヘルニアの場合、髄核が飛び出す方向によって圧迫される神経の場所が違いますし、これと同じで坐骨神経痛の場合でも見られます。

万が一、右の腰だけすごく痛い症状が出たら、まずは座った時の姿勢にできるだけ気をつけたり、お風呂に入った時にしっかり患部を温めたりしてみることをおすすめします。ただし、ぎっくり腰の場合、ぜったいに腰を温めてはいけないことにはくれぐれもご注意を。

もし、左右の腰どちらかの痛みがかなり激しいなら、迷わず病院に行きましょう。一方、あまり痛みを感じないならまずは安静するのがベストで様子を見てみてください。いずれにせよ、心配しなくても心配し過ぎてもいけません。