右側だけ腰痛になる症状

右側だけ腰痛になる症状

腰痛の中には、腰の右側だけがすごく痛い症状もあります。右側腰痛ともいわれますが、この症状が見られると、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、背骨の歪み、脊柱管狭窄、骨粗鬆症などがまずあげられます。片側だけ腰が痛くなる原因は、片方の神経が圧迫されているからです。

たとえば、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の場合、髄核が飛び出す方向によって圧迫される神経の場所が異なりますが、髄核が右側に偏っていることが考えられます。

右側の腰だけが痛い症状は、珍しくありません。あまり症状が重くないなら、まずは安静するのが一番。もし我慢できないほどの腰痛なら、すぐにでも病院に行って指示を受けること。右側だけ痛いから大丈夫だろうと安易に考え過ぎてはいけません。

まだ症状が軽くないならば、自分も対策できます。右側腰痛への対策は、座った時の姿勢には十分気をつけることが大事です。よくある左右どちらかに傾いたり、足を組んだりしないことが求められます。

もう1つ、入浴時に腰を温めるとより効果があるそうです。しかしこの温める対処法は、ぎっくり腰の人には対応しておらず、逆に腰を冷やさないとダメです。