「脊柱管狭窄症」とはどんな病気か

「脊柱管狭窄症」とはどんな病気か

人間誰でも体にある脊柱管には、脊髄と、神経の束にあたる馬尾(ばび)という神経が通っています。
そして、脊柱管狭窄症は、特に「腰部脊柱管狭窄症」を指す場合があり、腰部にある脊柱管が何らかの原因で狭くなって、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることにより、腰痛やしびれといった症状を引き起こす病気のことです。
腰部脊柱管狭窄症は、若者から高齢者まであらゆる年代で発症する可能性があります。しかし特に多いのが50歳代~70歳代までの人々です。
そして、脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)の症状に見られる特徴はさまざまです。
例えば、長い時間は歩けないものの、しばらく休むとまた歩ける「間欠跛行(かんけつはこう)」があります。持続して歩ける時間は、1~2分の場合から10分ほどまで、脊柱管狭窄症のレベルによって違います。重要なのは、「年齢のせいで歩けなくなった」という思い込みや自己判断で放置して悪化させることのないようにまわりが注意すること。
また、脊柱管狭窄症は、前かがみになると楽という特徴も。腰を反らせる状態でも、立って腰がのびた状態で痛みが強くなるため、手押し車や乳母車、カートや自転車に乗ると楽になります。体がいくらか前かがみになることによって神経への圧迫がゆるむことが理由です。