脊柱管狭窄症の手術方法

脊柱管狭窄症の手術方法

脊柱管狭窄症の治療方法として手術が検討されるのは、排泄障害などがある場合です。そして、脊柱管狭窄症の保存療法で十分な効果が得られずに症状が悪化しているような場合も当てはまります。特に、歩行障害などによって日常生活に著しく不便を感じている場合には手術がすすめられるでしょう。
そして、脊柱管狭窄症の手術には、神経への圧迫を除く「除圧術」、上下の椎骨を固定する「脊椎固定術」という主な2つの方法があります。
その中で、除圧術は脊柱管が狭くなることによって神経が圧迫されているので、脊柱管を形づくっている脊椎の一部を切除することで圧迫を取り除きます。
まず、椎弓切除術といって、脊柱管は椎体の後壁と椎弓に囲まれているので、狭くなった脊柱管を広げるために、椎弓を広範囲にわたって切除する手術です。広範囲にわたって神経への圧迫を取り除くことができ、脊柱管狭窄症の手術ではこの方法が最もよく行われています。
また、開窓術は、椎弓切除術と同じように椎弓を部分的に切除して窓を開けたような状態にする手術です。ただ、神経を圧迫している部分(椎弓の一部、椎間関節の内側、靭帯)を中心に切除してそれ以外の部分は可能な限り残すのが特徴。
さらに、脊椎固定術はというと、椎骨のすべりが原因となっている場合、ずれている部分を固定する手術で、脊柱管が狭くなるのを改善できます。自分の骨を移植したり、人工骨を使ったり、固定する金属が用いられることも。